最新記事一覧

選び方の基本

メガネ

目が悪くなった時には

目が悪くなった時には、メガネ、コンタクトレンズという選択肢が考えられますが、まずは、メガネを購入しておくほうが無難です。コンタクトレンズは装着したときに、体質に合わない場合、視力が落ちた状態で生活する必要があるため、まずは、比較的慣れやすいメガネを作っておくことです。実際、コンタクトを使用している人の多くは、帰宅後はコンタクトレンズを外し、メガネで生活しているという人が大半なのです。 また、選び方としては、メガネにはさまざまな形があるため、仕事用なのか、プライベート用なのかを決めてから、見ていくほうが決めやすくなります。初めてであれば、店員さんに選び方を聞けば間違いないものを選ぶことができます。

メガネはTPOに合わせて

最近では、TPOに合わせてメガネを取り換える、という選び方をしている人も多くなりました。全体的に価格が下がってきた、ということも影響していますが、おしゃれのワンポイントとして着せ替える、という考え方が浸透してきたことも一因です。仕事用には、比較的細身の、シャープなイメージのものをかけ、プライベートでは太縁のはっきりとしたセルメガネをかける、といったイメージチェンジだけでなく、自分のON、OFFに利用するという方法もとれるのが、メガネの良いところでもあります。また、メガネの選び方のポイントとして、フレームだけではなく、レンズの色、厚み、紫外線カットなどの機能性レンズなど、こういった面から選ぶのも一つの方法です。

オススメ記事

ウーマン

ユニホーム制作の流れ

オリジナルユニホームは、ユニホーム制作の専門業者に依頼しましょう。低料金で希望に則した内容のユニホームを作ってくれます。オリジナルユニホームの制作は、少ない工程でスムーズに進んでいきます。

子供

種類によっては500円以下

専門業者に依頼すれば、オリジナルtシャツを500円以下で購入できます。良い素材のものとなると500円以上の価格が付きますが、それでも1枚1,000円以下で購入できるでしょう。tシャツ以外の商品を取り扱っている業者も少なくありません。

メンズ

5つのプリント方法

オリジナルtシャツのプリント方法は、大きく5つに分けられます。「シルクプリント」、「インクジェット」、「転写」、「カッティング」、「刺繍」の5つです。これらの方法には、当然それぞれに特徴があります。