最新記事一覧

ユニホーム制作の流れ

ウーマン

ユニホームは、会社や学校、飲食店など、様々な場所で取り扱われています。ユニホームの制作は、基本的にユニホーム製造の専門業者が行なっています。サイズや素材はもちろん、形状や色を含むいろいろな部分を注文できるので、世界に2つと無いユニホームを作ってもらえます。近年増えてきているのが、小学校から高校までの部活動で使用するオリジナルユニホームです。試合時に使用する本格的なユニホームの他にも、学校名やメンバーの名前がプリントされたTシャツなどの依頼も増えてきています。素材によっては1着1,000円〜2,000円という低料金で購入できることもあり、全国を通して多くの学校が専門業者に依頼している傾向にあるようです。

専門業者が行なっているオリジナルユニホーム制作の流れは、まずヒアリングから入ります。そこで依頼者側は、どのようなユニホームを作って欲しいのか、細かい部分を含めて担当者に話します。業者が用意しているカタログや見本などを見ながら話を進めていくケースが多いです。そこでユニホームの大まかなデザインが決まったら、業者はサンプルの作成に取り掛かります。サンプルが完成したら、再度依頼者側と話し合いを行ないます。制作するオリジナルユニホームが決定したら、枚数や納期、サイズなどを照会し、業者側はそれを元に本格的な制作に入ります。あとは納品、という流れになります。現在ほとんどの業者がアフターフォローまで行なっているので、何かあればすぐ相談できるようになっています。

オススメ記事

ウーマン

ユニホーム制作の流れ

オリジナルユニホームは、ユニホーム制作の専門業者に依頼しましょう。低料金で希望に則した内容のユニホームを作ってくれます。オリジナルユニホームの制作は、少ない工程でスムーズに進んでいきます。

子供

種類によっては500円以下

専門業者に依頼すれば、オリジナルtシャツを500円以下で購入できます。良い素材のものとなると500円以上の価格が付きますが、それでも1枚1,000円以下で購入できるでしょう。tシャツ以外の商品を取り扱っている業者も少なくありません。

メンズ

5つのプリント方法

オリジナルtシャツのプリント方法は、大きく5つに分けられます。「シルクプリント」、「インクジェット」、「転写」、「カッティング」、「刺繍」の5つです。これらの方法には、当然それぞれに特徴があります。